Go To トラベルキャンペーンを利用してお得にダイビングしましょう!

アオリイカの産卵シーンに感激|黄金崎ビーチ《2020.09.03》

うねりは昨日よりもちょっと小さくなったみたいですが、残念ながら今日も雲見はクローズとなりました。

昨日からのゲストさんもいらしたので相談して今日は黄金崎ビーチで潜ってきました。

うねりはありましたが、うねりに力がなくてエントリー・エキジットも問題なしでした。

黄金崎ビーチ

■ 天 気 : 曇り時々雨
■ 気 温 : 31.9℃ (松崎町アメダスによる最高気温)
■ 水 温 : 28~29℃
■ 透視度 : 8~15m
(写真はクリックすると拡大します。)

水温は相変わらず高くて生ぬるく感じるくらい。

透明度は朝のうちのゴロタの上は良かったのですけど、砂地に降りるとやっぱりうねりで巻き上げられていて、時間が立つとともにうねりが大きくなってきて透明度が落ちてきてしまいました。
黄金崎ビーチ-1

今日の黄金崎ビーチで一番感動したのはアオリイカの産卵シーンです。

7匹のアオリイカがいたんですよ。
アオリイカ-5

ペアを作って
アオリイカ

一旦雄と雌が近づいて交接をしたら
アオリイカ-2

そっと産卵床に近づいて
アオリイカ-3

メスが産卵するのをオスががっちりガードして産卵を見守ります。
アオリイカ-7

でも7匹ということは3ペア+1匹余るんですね。

余った1匹はオスで、他のペアのメスを奪おうと盛んにアタックを仕掛けていました。

結構激しい攻防が見られましたよ。
アオリイカ-1

そんな産卵シーンにゲストさんはガッツリと見入っていました。
アオリイカ-6

あちこちに設置しているアオリイカの産卵床には卵がびっちりと付いて、イサキの子供の隠れ場所になっているところもありました。
アオリイカの卵

それから雲見でも登場したニシキフウライウオ。

ここでも2匹見られています。
ニシキフウライウオ-1

1本目の時は2匹が離れた所にいたんですけど、2本目に見に行ったらなんとくっついてペアになっていました。

ホント、どうやって相手の場所がわかるんでしょうね。
ニシキフウライウオ-2

それから黄金崎ビーチといえばネジリンボウ。
ネジリンボウ

数カ所でネジリンボウとヒレナガネジリンボウを見ることができました。
ヒレナガネジリンボウ-2

中にはペアでホバリングしているところもありましたよ。
ヒレナガネジリンボウ

そしてこれはホタテツノハゼ属の1種です。
ホタテツノハゼ属の1種

越冬したチンアナゴもまだ健在でしたよ。

ダイバー慣れしたのか結構大胆に出ていました。
チンアナゴ

で、潜っている間ずーっとストーキングしてついてきていたのがマダイのダイちゃん。

そっとハゼの仲間を見ているのにその上を泳いでいったりして、引っ込めないかヒヤヒヤしていたんだぜ。
マダイ

あとはイネゴチが数匹いたかな。
イネゴチ

そうそう、写真はないですけどイナダの群れにも遭遇しました。

安全停止中はテンクロスジギンポ(下写真)やシャコの仲間を見たりしてのんびり過ごしました。
テンクロスジギンポ

色々と見られて、アオリイカの産卵シーンにも出会えて、雲見は潜れませんでしたけどゲストさんには楽しんでもらえました。

明日から心配なのは台風10号ですね。

当初の予測よりも進路予想がだいぶ西になりましたけど、気になるのはその強烈さ。

今後どのような影響があるのか心配ですし、雲見がいつまでクローズするのか…

一日も早い収束を祈ります。

写真提供は、Hiroyukiさんです。ありがとうございました。


《お知らせ》

◆ LINEの公式アカウントができました。
アクアティークのLINEの公式アカウントを友達に追加してください。
ダイビングをすることにスタンプが貯まるポイントカードがもらえたり、おトクなクーポンが当たったりしますよ。
・ スマートフォンでご覧の方は下記のボタンを押してください。
友だち追加

・ PCでご覧の方はスマートフォンのLINEアプリのQRコードリーダーで下記のQRコードを読み込んでください。

◆ 宿に22時以降チェックインご希望のかたに朗報です。
夜遅いご到着でも受け入れていただける宿泊先と提携できました。
もちろん電車の到着でもOK。駅までお迎えに行きます。
ご利用をご希望の方は予約時にお申し付けください。

▲アクアティークのfacebook pageです。よかったら「いいね」をクリックしてください。

コメント

} });