6月1日(月)より営業を再開しました(注意事項あります)

続々と新顔さんの登場です!|雲見

プライベートな休暇から帰ってきました。

お休みの間、雲見に来ようと思った方、ログを楽しみにいていた方、ご迷惑をおかけしました。

帰ってきてから西風が吹いていたりしていてなかなか潜れませんでしたが、今日海が落ち着いたので早速潜ってきました。

雲見 牛着岩

■ 天気 : 晴れ
■ 気温 : 14.3℃ (松崎町アメダスによる最高気温)
■ 水温 : 17℃
■ 透明度 : 15~16m
■ 透視度 : 13~15m
(写真はクリックすると拡大します。)

1本目 大牛の洞窟 ⇒ Hの穴 ⇒ ブルーコーナー

2本目 小牛横 ⇒ -24mのアーチ ⇒ 大牛の洞窟 

10日ぶりの雲見。その間に海が荒れたこともあったので人気の生き物がどうなっているのかが心配ですよね。

今日は広範囲に泳いだので十分に探す時間がなかったですが、見つからなかった子もいました。

どこかに行ってしまったのか、たまたま見つからなかったのか???

でも最近の一番人気、水玉のイロカエルアンコウはいてくれましたよ。
イロカエルアンコウ

この子もイロカエルアンコウ。
イロカエルアンコウ-2

今日見たクマドリカエルアンコウは1匹だけ。

まあ、この時期に見られるだけすごいことなんですけどね。
クマドリカエルアンコウ

新しく白いベニカエルアンコウも登場です。
ベニカエルアンコウ

ウミウシもいましたよ。

以前から動き回っているどでかいミカドウミウシ。
ミカドウミウシ

いつの間にか背中にウミウシカクレエビが乗っかっていました。

このウミウシカクレエビも大きくて、びっくりですよ。
ウミウシカクレエビ

人気のウデフリツノザヤウミウシも健在。
ウデフリツノザヤウミウシ

好みが分かれるサガミリュウグウウミウシです。

みんなの話をまとめると結構な数がいるみたいです。
サガミリュウグウウミウシ

でもウミウシはミノ系が多いかな。

シロミノウミウシや
シロミノウミウシ

アオセンミノウミウシや
アオセンミノウミウシ

アカメミノウミウシといった従来から見られていたウミウシに加えて
アカメミノウミウシ

ミチヨミノウミウシとか
ミチヨミノウミウシ

ユビワミノウミウシ
ユビワミノウミウシ

ネアカミノウミウシ
ネアカミノウミウシ

ルージュミノウミウシといったウミウシたちが出てきました。
ルージュミノウミウシ

これはタバサちゃんが教えてくれたウミウシですけど、『日本のウミウシ』という図鑑によるとハナビラミノモドキという新称がついたものらしです。
ハナビラミノモドキ

もちろんウミウシはこの他にも色々いましたから、ウミウシが見たい人はリクエストしてくださいね。

あとはオキナワベニハゼの子供がいたり
オキナワベニハゼ

アマミスズメダイの幼魚は2匹ほどいたかな。
アマミスズメダイ

クリアクリーナーシュリンプは大量にいましたし
クリアクリーナーシュリンプ

以前見つけたカイカムリもまだいてくれました。
カイカムリ

これはマンジュウガニの仲間。

ちょっとわかりませんでした。
マンジュウガニ属の1種

透明な体にゴールドと赤の模様がきれいなカゲロウカクレエビもいましたよ。
カゲロウカクレエビ

それから珍しいところではミノカエルウオを発見。

愛嬌がある顔をしていますね。
ミノカエルウオ

そしてユカタハタの若魚もいました。

越冬してとうとう立派なサイズに成長したんですね。
ユカタハタ

そうそう、Hの穴には相変わらずキンメモドキがいますので群れや地形で遊ぶのも楽しいですよ。
Hの穴

久しぶりの雲見でしたが、新顔が続々と登場していてより賑やかに楽しくなっていました。

まだまだベストシーズンは終わっていませんよ。


《お知らせ》

◆ LINEの公式アカウントができました。
アクアティークのLINEの公式アカウントを友達に追加してください。
ダイビングをすることにスタンプが貯まるポイントカードがもらえたり、おトクなクーポンが当たったりしますよ。
・ スマートフォンでご覧の方は下記のボタンを押してください。
友だち追加

・ PCでご覧の方はスマートフォンのLINEアプリのQRコードリーダーで下記のQRコードを読み込んでください。

◆ 宿に22時以降チェックインご希望のかたに朗報です。
夜遅いご到着でも受け入れていただける宿泊先と提携できました。
もちろん電車の到着でもOK。駅までお迎えに行きます。
ご利用をご希望の方は予約時にお申し付けください。

▲アクアティークのfacebook pageです。よかったら「いいね」をクリックしてください。

コメント

} });