6月1日(月)より営業を再開しました(注意事項あります)

ベテランさんと3本勝負|雲見

梅雨の合間の晴れ間。波もなく絶好のダイビング日和となりました。

今日のゲストはベテランさん。マンツーマンだったのでゲストのリクエスト通りのコースでガイドをしてきました。
(残念ながらカメラを持って入らないゲストだったので今日は写真はありません。文章だけで楽しさを伝えなきゃ!)

■ 天気   晴れ
■ 気温   25℃
■ 水温   20℃
■ 透明度  15~18m
■ 透視度  12~15m

今日の1本目は1番乗りだったので誰も入っていないスタンダードコースです。
エントリーすると相変わらず潮色はいい感じ。それだけで楽しくなります。
浅いところはお日様が入ってきて水中でもとても明るく感じます。だからアーチをくぐるときは逆に暗さを感じてそのコントラストがとっても雲見らしいんです。
1番乗りだったのでHの穴の中に固まっているキンメモドキの群れをかき分けて島裏に出たらいきなりメートル級のクエのお出ましです。私たちに気づいても逃げる気配はなし。堂々としたものです。
-24mのアーチの手前にはクロホシイシモチ・ネンブツダイ・イサキ・キンギョハナダイなどが群れていました。
アーチの中には大きなイシダイやテングダイ。マツカサウオもたくさんいましたよ。
アーチを出たら大きなトビエイが悠々と泳いでいました。
-26mのアーチ付近でもテングダイのペアやクマノミ・イボイソバナガニなどを見て次はたて穴へ。
たて穴を縦に抜けるときも見上げる光がとてもきれいでした。
水路の上にはアオリイカが群れていました。キレイな海で見上げるアオリイカは透明感があって好きなんですよね。
湾内に戻ってハナアナゴなどを見てから1本目終了です。
それにしても1本目はクエやテングダイなど雲見の人気者総出でした。

2本目はグンカン一点勝負。
深いほうから徐々に水深を上げながらグンカンをくまなく見てきました。
水底の砂地で目についたのはハオコゼ。求愛の時期なのかペアでいる個体が良く見られました。
グンカンのアーチを潜ったらグンカンの岩肌チェック。グンカンの特徴の一つであるソフトコーラルがとてもきれいに開いています。まるで花畑のよう。
その中にイソコンペイトウガニなんかいないかなと探したのですが、残念ながら見られず。その代わり、テンロクケボリタカラガイがゆっくりと移動しているのが見られました。
ソフトコーラルの花畑をバックに泳ぐキンギョハナダイもこれまた綺麗。目を奪われますよ。
ゲストから今日はウミウシは探さなくてもいいからと言われていたのですが、いやでも入ってくるんですよ。
ムラサキウミコチョウ・ウスイロウミウシ・ニシキウミウシの幼体・アマクサアメフラシ(?)などなど、たくさんいるんですよね。
安全停止中はキビナゴが川のように流れていきます。これにはゲストも大満足。
ただ、船に上がると船頭さんからマンボウがいたとの情報が!見た人から話を聞くと結構ニアミスしてたかも。残念です!!!

気持ちがいいから今日は3本目へ。
小牛の裏から-16mのアーチまで洞窟にも入りながらゆるく流れる潮に乗って潜ってきました。
小牛の洞窟には甲殻類が一杯。トガリマルガザミ・ノコギリガニ・ヒメセミエビ・オトヒメエビ・ソリハシコモンエビなどなど。
小牛の洞窟を出たらリクエストがあったハナタツを見に。見たハナタツはおなかが大きくなっていますから、産卵するまでもうしばらくいてくれそうです。
潮に乗って泳ぎながら次は大牛の洞窟へ。
ここには他のポイントでは珍しいサクラテンジクダイやアカネテンジクダイが普通にみられます。ちょっとマニアックかもしれませんが・・・。
この後もいろんな甲殻類が!ナカザワイソバナガニやビシャモンエビ、アカホシカクレエビ・オトヒメエビなどエビカニ好きならいい被写体ばかりです。
最後は浅場で安全停止しながらフィッシュウォッチング。
ここでもきれいだったのがキンギョハナダイの群れ。浅いから日の光が入ってきて本当にきれいにオレンジ色の体を照らしてくれます。
じっとしていると結構寄ってきてくれるので見とれているうちにあっという間に3分が過ぎていました。

今日はマクロに拘らなかったので雲見を360度楽しむことができました。
上見たり下見たり・・・。忙しく雲見を堪能してきました。

(長文に付き合ってくださってありがとうございました。)

コメント

  1. きれんじゃ~ より:

    お世話様でした。
    久々の青い海。。。地形を思い出させてくれましたよ。
    そして、
    久々に泳ぎまくり。。。今日は若干筋肉痛です!Σ( ̄ロ ̄)

    • aquatique より:

      こちらこそありがとうございました。
      マクロに拘らない、地形を楽しむガイドはやっぱり楽しいですね。
      それにしても、筋肉痛になるまで泳ぎましたっけ?

} });