ダイビングログ


2018/07/18

いろいろな希望に応えられるのが雲見のいいところ♪|雲見

昨日に引き続き曇りがちな一日でしたが、時々日が差してくれたから昨日よりも明るかったです。

でも、今日はジメジメと湿気が多い一日で、気温以上に暑く感じました。

 

朝一番は流れがあったものの、海はとっても穏やかでした。

雲見 牛着岩

■ 天気 : 曇り時々晴れ
■ 気温 : 32.0℃ (松崎町アメダスによる最高気温)
■ 水温 : 25.5~28.5℃
■ 透明度 : 12~13m
■ 透視度 : 10~12m
(写真はクリックすると拡大します。)

1本目 -24mのアーチ ⇒ たて穴 ⇒ Hの穴 ⇒ ブルーコーナー

2本目 小牛の洞窟 ⇒ 水路下の洞窟 ⇒ 大牛の洞窟

3本目 三競 (1の穴 ⇒ 4の穴)

昨日までの白い浮遊物はだいぶ数が減って少し透明度が良くなってきていました。

特に水底付近は綺麗な潮が広がっていました。

ただしその辺りの水温は25~26度くらいでしたけど。

その位の水温なら例年の水温なんですけど、ずっと27~29度の水温の中潜っていたのでちょっと冷たく感じましたけど、それは贅沢ですよね。

ゲストさんにとっては十分に温かい水温です(笑)

 

さて、今日は仲良し2人組のリピーターさんが遊びに来てくれたのですけど、お一人は群れとウミウシ、もう一人はきれいな地形と魚(特にギンポ)のリクエスト。

このばらばらのリクエストでも何とかなるのが雲見の強み!

どんなふうだったのかというと…

 

群れを楽しむのは問題なし。

潜降を始めたときからキビナゴの群れに囲まれて、今や雲見の見どころの一つとなっているイサキの群れは圧巻です。
イサキ
イサキ-2

Hの穴にはネンブツダイ(下写真)やスズメダイ、たて穴にはムツとマアジの子供が群れています。
ネンブツダイ

文字に書くと群れはそれだけって感じになりますが、行く所行く所で群れに遭遇するんですよ。

 

ウミウシはまた初めて見るウミウシが登場です。

実はゲストさんが見つけたのですけど、たぶんホホベニミノウミウシではないかと思います。
ホホベニミノウミウシ

ウミウシ好きのゲストさんは自分で小さなナンヨウウミウシも見つけていました。流石です!!
ナンヨウウミウシ

ゲストさんがからリクエストのあったエンジイロウミウシもバッチリいましたよ。
エンジイロウミウシ

あとはオオムギミノウミウシとかミズタマイボウミウシ、キャラメルウミウシ、センテンイロウミウシ、リュウモンイロウミウシ、ツノキイボウミウシ、シロタスキウミウシなどなど常連さんたちもご紹介。

私が見つけた今日一番は、クロスジリュウグウウミウシ属の1種。小さいけどきれいなウミウシですよね。
クロスジリュウグウウミウシ属の1種

 

ギンポの仲間もいっぱいいました。

浅場での安全停止中ならトウシマコケギンポがいっぱいいますし、三競では可愛い顔したホシギンポが見られます。
ホシギンポ

これはたぶんスジタテガミカエルウオ。

数年ぶりに見ました。
スジタテガミカエルウオ

ニラミギンポも発見。リクエストをもらった日にこれだけ見つけられたのは幸運でした。
ニラミギンポ

 

これ以外では80cmばかりのクエが泳いでいたり
クエ

大きなコロダイもあちこちにいます。
Hの穴

夏がくると増えてくるキンチャクダイもいましたよ。
キンチャクダイ

これはゲストさんが見つけたウバウオの仲間。

ミサキウバウオかホソウバウオかなと思ったんですけど、でもこんな模様のウバウオは見たことがありません。

その正体は何なのでしょう???
ウバウオの仲間

いつものオオガラスハゼ。もうそろそろペアになって産卵をする時期なんですけど、相手が現れませんね…
オオガラスハゼ

アナモリチュウコシオリエビは2匹とも狭い穴にお引越ししていました。

写真が撮りづらいなぁー
アナモリチュウコシオリエビ

クマノミの卵はだいぶ成長して稚魚の形となってきました。

ハッチアウトももうすぐです。
クマノミの卵

ハコフグの幼魚は少し場所を移動しながらもまだ見られていますよ。
ハコフグ

 

3本目に言った三競は透明度が上がったので光がとても綺麗でした。

それぞれのトンネルや穴にそれぞれの表情があってそれが素敵なんですよ。

1の穴の一つにはイサキが入っていてそれがシルエットになって見えます。
三競 1の穴

2の穴は奥から差し込んでくる光が綺麗。
三競 2の穴

3の穴はその特徴的な形が趣があります。
三競 3の穴

この三競ではツノダシがいました。

黒潮に乗って季節来遊魚がやってきたんですね。
ツノダシ

これからどんな季節来遊魚が登場するのか楽しみになってきました。

 

こんな風に今日もミッションクリア!!

雲見はいろいろな楽しみ方ができますので、どんなダイビングスタイルが好きなのか遠慮なくリクエストしてくださいね。


写真提供は、Ayaちゃん、Nonoちゃんです。ありがとうございました。

 


《お知らせ》

◆ LINEの公式アカウントができました。
アクアティークのLINEの公式アカウントを友達に追加してください。
ダイビングをすることにスタンプが貯まるポイントカードがもらえたり、おトクなクーポンが当たったりしますよ。
・ スマートフォンでご覧の方は下記のボタンを押してください。
友だち追加

・ PCでご覧の方はスマートフォンのLINEアプリのQRコードリーダーで下記のQRコードを読み込んでください。

◆ 宿に22時以降チェックインご希望のかたに朗報です。
夜遅いご到着でも受け入れていただける宿泊先と提携できました。
もちろん電車の到着でもOK。駅までお迎えに行きます。
ご利用をご希望の方は予約時にお申し付けください。

▲アクアティークのfacebook pageです。よかったら「いいね」をクリックしてください。

2018/07/17

生物を見つけるのもまた楽し♪|雲見

今日は朝からどんよりと曇った一日になりました。

照りつけるような日差しがないだけでものすごく過ごしやすいですね。

でも気温は30度近くまで上昇したので熱中症対策は忘れずに。

海は穏やかさが続いていますよ。

雲見 牛着岩

■ 天気 : 曇り
■ 気温 : 29.7℃ (松崎町アメダスによる最高気温)
■ 水温 : 26.5~29℃
■ 透明度 : 10~12m
■ 透視度 : 8~10m
(写真はクリックすると拡大します。)

1本目 小牛の洞窟 ⇒ Hの穴 ⇒ 水路下の洞窟 ⇒ 小牛裏

2本目 Hの穴 ⇒ 水路下の洞窟 ⇒ 水路 ⇒ 島前

潮色は昨日と変わらずやっぱり白っぽかったですね。

早くこの潮がどこかに行ってくれないかと祈るばかりです。

 

白い浮遊物が多くて、太陽が出ていないので今日のHの穴はちょっと暗めでした。
Hの穴

三角穴下のスポットライトも今日は暗めでぼんやり…
三角穴下

今日はリクエストでじっくりと生き物探しのダイビングをしてきました。

その中でリクエストはオオムギミノウミウシとヨコシマエビ。

探したら良いエリアはわかっているのであとは見つけられるだけです。

 

まずはオオムギミノウミウシ。

こちらは比較的簡単に見つけることができました。
オオムギミノウミウシ

この副産物(?)で初めて見るウミウシを発見。

といってもその場ではわからず、お店に帰って写真を見ていてわかりました。

調べてみたらまだ名前がついていない”ゴシキミノウミウシ属の1種”ということがわかりました。
ゴシキミノウミウシ属の1種

 

苦戦したのはヨコシマエビ。

岩肌のくぼみを目に入るところから虱潰しに探していったところ、浮上間近の最後の最後でペアで見つけることができました。
ヨコシマエビ

これは透明なクリアクリーナーシュリンプです。

ちょっとわかりにくいですけどお腹には緑色の卵を抱えています。
クリアクリーナーシュリンプ

ひょうきんな顔をしたヒメセミエビもいましたね。
ヒメセミエビ

 

これはコールマンウミウシ。

久しぶりの登場です。
コールマンウミウシ

極小サイズのシロタスキウミウシも見つかりました。
シロタスキウミウシ

イバラウミウシ属の一種も発見。

最近良く見かけます。
イバラウミウシ属の一種

突起をピンと伸ばしたムラサキウミコチョウもいました。
ムラサキウミコチョウ-1

と思ったら、泳いでいるムラサキウミコチョウにも遭遇。
ムラサキウミコチョウ-2

このサキシマミノウミウシは移動中。
サキシマミノウミウシ

これはセスジミノウミウシかな?
セスジミノウミウシ

あとはお馴染みのキャラメルウミウシとか
キャラメルウミウシ

センテンイロウミウシとか。センテンイロウミウシは3匹集まっていました。
センテンイロウミウシ

 

壁から顔を出していたのは赤い色したトウシマコケギンポ。

可愛らしかったです。
トウシマコケギンポ

 

他にもいろいろと生き物をみんなで探しながら、観察しながらのんびりと生き物ウォッチングを楽しんできました。

次から次に見つかる可愛らしい生き物に癒やされていきました!

 


《お知らせ》

◆ LINEの公式アカウントができました。
アクアティークのLINEの公式アカウントを友達に追加してください。
ダイビングをすることにスタンプが貯まるポイントカードがもらえたり、おトクなクーポンが当たったりしますよ。
・ スマートフォンでご覧の方は下記のボタンを押してください。
友だち追加

・ PCでご覧の方はスマートフォンのLINEアプリのQRコードリーダーで下記のQRコードを読み込んでください。

◆ 宿に22時以降チェックインご希望のかたに朗報です。
夜遅いご到着でも受け入れていただける宿泊先と提携できました。
もちろん電車の到着でもOK。駅までお迎えに行きます。
ご利用をご希望の方は予約時にお申し付けください。

▲アクアティークのfacebook pageです。よかったら「いいね」をクリックしてください。

2018/07/16

水面の水温が29℃になっちゃったよ!|雲見

3連休の最終日。昨日は多くのダイバーで激混みしていた雲見も落ち着きを取り戻しました。

海は引き続き穏やかです。

そんな雲見でまったりと潜ってきました。

雲見 牛着岩

■ 天気 : 晴れ
■ 気温 : 32.8℃ (松崎町アメダスによる最高気温)
■ 水温 : 27~29℃
■ 透明度 : 10~12m
■ 透視度 : 8~10m
(写真はクリックすると拡大します。)

1本目 -24mのアーチ ⇒ たて穴 ⇒ Hの穴 ⇒ ブルーコーナー

2本目 大牛の洞窟 ⇒ -16mのアーチ

3本目 小牛横 ⇒ 漁礁 ⇒ ブイ

水温がまたまた上昇です。

水底で27度、水面ではなんと29度を指しました。

もうびっくりです!!

1月にガイドしていたボホールと変わらないじゃん!

でもどこからかやってきた白い濁りで透明度は落ちちゃいました。

水面にゴミがいっぱい流れてきていたので、どこからか濁った潮が流れ着いてしまったようです。

でもこの濁った潮が去ればまた元のきれいな海に戻るんじゃないかな。

 

今日はのんびりと色々な生き物を見ながら潜ってきました。

魚まみれになりたいというリクエストにはイサキが良いかな。
イサキ-1

イサキは小牛の横の鉄柱にも固まっていました。

そんな習性があるなんて知りませんでしたよ。
イサキ-2

ここならそっと近づけばその表情が見れるまで近寄れますよ。
イサキ-3

Hの穴のネンブツダイは光を当てるとキラキラ。
Hの穴

 

先日来観察を続けているオオガラスハゼ。
オオガラスハゼ

こちらは普通のガラスハゼ。

顔の長さがちょっと違うんですよ。
ガラスハゼ

 

ギンポ好きなダイバーさんにはアライソコケギンポとか
アライソコケギンポ

トウシマコケギンポを紹介しました。
トウシマコケギンポ

残念ながらマツバギンポには出会えず…

明日も潜るのでマツバギンポにリベンジ&ホシギンポを見に行きましょうね。

 

アナモリチュウコシオリエビです。

流石に今までいた観察しやすい大きめの穴から引っ越していました。

まあ、あの穴なら外敵に襲われやすいですからね。

そのかわりに近くにもう1匹いるのを見つけましたので、しばらくは観察できそうです。
アナモリチュウコシオリエビ

ハコフグの幼魚は場所を少し移動していました。

いなくなったかと心配しましたが、いてくれてよかったです。
ハコフグ

 

シコクスズメダイの幼魚です。

シコクスズメダイって夏から秋に見かけるから季節来遊魚でいいのかな?

幼魚ってヒレの縁が綺麗なぶるーで縁取られているんですね。
シコクスズメダイ

岩の亀裂にはノコギリヨウジがいました。

お腹に卵を抱えた子もいたのですが、すぐ亀裂の奥に隠れられてしまいました。
ノコギリヨウジ

抱卵中といえば、サクラテンジクダイも口内保育を絶賛継続中。

これは卵が成長してきている個体です。
サクラテンジクダイ

クマノミの卵も成長していますよ。

親クマノミが熱心に面倒を見ていました。

何だか食べているみたいですけど、新鮮な潮を送ったりしているんですよ。
クマノミの卵

 

ウミウシは常連さんを少しだけ。

シロタスキウミウシや
シロタスキウミウシ

エンジイロウミウシは今や鉄板のウミウシになりましたね。
エンジイロウミウシ

センテンイロウミウシはあちこちにいますよ。
センテンイロウミウシ

久しぶりに見たアラリウミウシ。
アラリウミウシ

もっと久しぶりだったのはミスガイです。
ミスガイ

セトイロウミウシも見られる個体が大きくなってきました。
セトイロウミウシ

サキシマミノウミウシは今から増えてくる予感です。
サキシマミノウミウシ

ツノワミノウミウシもいました~!!
ツノワミノウミウシ

今から増えてくるチャシオグサにはトウヨウモウミウシが隠れていますよ。
トウヨウモウミウシ

 

まったりと色々な生き物を見ながらのんびり泳いでいくのも楽しいですよね。

明日はどんな生き物に会えるでしょうか。

楽しみです。


《お知らせ》

◆ LINEの公式アカウントができました。
アクアティークのLINEの公式アカウントを友達に追加してください。
ダイビングをすることにスタンプが貯まるポイントカードがもらえたり、おトクなクーポンが当たったりしますよ。
・ スマートフォンでご覧の方は下記のボタンを押してください。
友だち追加

・ PCでご覧の方はスマートフォンのLINEアプリのQRコードリーダーで下記のQRコードを読み込んでください。

◆ 宿に22時以降チェックインご希望のかたに朗報です。
夜遅いご到着でも受け入れていただける宿泊先と提携できました。
もちろん電車の到着でもOK。駅までお迎えに行きます。
ご利用をご希望の方は予約時にお申し付けください。

▲アクアティークのfacebook pageです。よかったら「いいね」をクリックしてください。

ご予約

WEBで予約する
予約フォームへ
電話で予約する
TEL : 0558-43-0690

お問い合わせ

予約状況やご質問等はこちらからお問い合わせください。


カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

静岡県ダイバーズ協議会

静岡県ダイバーズ協議会

だいぶぷらす

だいぶぷらす

ocean+α(オーシャナ)

スキューバダイビングと海の総合サイト ocean+α(オーシャナ)

ログイン

http://kumomi.jp/?feed=rss2