ダイビングログ


2020/04/08

春濁りでもマクロならOK!|雲見

今日も快晴。

天気がいいと気分も晴れます。

風は弱い西寄りの風でしたが、波はほどんどなく海は穏やかでした。

雲見 牛着岩

■ 天気 : 晴れ
■ 気温 : 20.5℃ (松崎町アメダスによる最高気温)
■ 水温 : 17℃
■ 透明度 : 6~9m
■ 透視度 : 5~8m
(写真はクリックすると拡大します。)

1本目 大牛の洞窟 ⇒ 大牛湾内

2本目 -24mのアーチ ⇒ Hの穴 ⇒ 水路下の洞窟 ⇒ 大牛湾内

当然のごとく今日もノーゲスト

でもこのログを見て海の中を感じてくれて、少しでも癒やされてくれる人がいる限り、また自分のモチベーションを保つためにも、機会があれば潜っていきたいと思っています。

もちろん、感染対策は欠かさずに注意していきます。

さて、海の中も春真っ盛りとなってきました。

潮色は緑になってきています。

という訳で今日もマクロ探しに勤しんできました。

最初に向かったのは先日見つけたアオギハゼ。

まだいるかなぁーと心配だったんですけど、再会することができました。
アオギハゼ

これはアオギハゼを探している時に見つけたコクテンベンケイハゼの子供です。
コクテンベンケイハゼ

昨秋に幼魚で見つかったユカタハタはすっかりと成長して15cmを超えるくらいまで大きくなっていました。
ユカタハタ

フサフサの皮弁で男前のアライソコケギンポ。
アライソコケギンポ

似てはいますが、皮弁が短いのはトウシマコケギンポです。
トウシマコケギンポ

これはムスメウシノシタですね。

岩肌にそっくりです。
ムスメウシノシタ

生存確認を頼まれて見てきた水玉のイロカエルアンコウは無事に確認できました。
イロカエルアンコウ

同じイロカエルアンコウでもこちらは巨大な子。

最近動き回っているからちょっと心配です。
イロカエルアンコウ-2

アカシマシラヒゲエビを見に行ったらちょっと珍しい光景に出会えました。

キンギョハナダイをクリーニングしていたんです。

ウツボの仲間をクリーニングしているのはよく見ていましたが、キンギョハナダイまでクリーニングするんですね。
アカシマシラヒゲエビ

さて、ウミウシたちは今日もいっぱいいましたよ。

小さなコモンウミウシに始まり
コモンウミウシ

最近の常連のミツイラメリウミウシ。
ミツイラメリウミウシ

それぞれこの2種に似ていますけど、似て非なるヒメコモンウミウシと
ヒメコモンウミウシ

ミナミミツイラメリウミウシです。

見分け方がわからない人は個別に聞いてくださいね。
ミナミミツイラメリウミウシ

浅場を探すといっぱいいるミノウミウシの仲間たち。

フジエラミノウミウシはあちこちにいて
フジエラミノウミウシ

ホシアカリミノウミウシも増えてきました。
ホシアカリミノウミウシ

アカメミノウミウシ(下写真)もいましたし、ネアカミノウミウシもちらほら。
アカメミノウミウシ

スミゾメミノウミウシは2匹で交接・産卵をしていました。
スミゾメミノウミウシ

他にはオトメウミウシや
オトメウミウシ

正式和名となったオセロウミウシとか
オセロウミウシ

新しく名前がついたクボミイロウミウシもいましたし、
クボミイロウミウシ

ウミウシイーターのアカボシウミウシも見つかりました。
アカボシウミウシ

地味系ですけどカメノコフシエラガイとか
カメノコフシエラガイ

カイメンウミウシとかも発見。
カイメンウミウシ

上のカメノコフシエラガイを見ていたら、すぐ隣にひらひらと泳ぐ姿が!

ウミウシではなかったですけど、ヒラムシの仲間のプセウドビケロス・フルゴルでした。
プセウドビケロス・フルゴル

着底するのを待って写真を撮ったんですけど、後で写真を見ていたら右下にウミウシが写っていたんですよ。

カンザシウミウシでした。
カンザシウミウシ

チェックダイブでしたから、ちょっとマニアックなラインナップとなっていますけど、海の中は今日もにぎやかでした


《お知らせ》

◆ 今年も海底清掃を行います(5月23日)
今年の雲見の海底清掃の日程が5月23日(土)に決まりました。
いつもお世話になっている雲見の海に感謝の意を込めて綺麗にしたあとは美味しいBBQを食べて盛り上がっちゃいましょう。
詳細は追ってお知らせします。

◆ LINEの公式アカウントができました。
アクアティークのLINEの公式アカウントを友達に追加してください。
ダイビングをすることにスタンプが貯まるポイントカードがもらえたり、おトクなクーポンが当たったりしますよ。
・ スマートフォンでご覧の方は下記のボタンを押してください。
友だち追加

・ PCでご覧の方はスマートフォンのLINEアプリのQRコードリーダーで下記のQRコードを読み込んでください。

◆ 宿に22時以降チェックインご希望のかたに朗報です。
夜遅いご到着でも受け入れていただける宿泊先と提携できました。
もちろん電車の到着でもOK。駅までお迎えに行きます。
ご利用をご希望の方は予約時にお申し付けください。

▲アクアティークのfacebook pageです。よかったら「いいね」をクリックしてください。

2020/04/05

今日はマクロ三昧|雲見

今日も朝から雲ひとつない青空が広がっていました。

でも昨日と違うのは、今日は西寄りの風が吹いているということ。

おかげで島裏は波が立ってエキジット禁止の制限が出ちゃいました。

雲見 牛着岩

■ 天気 : 晴れ
■ 気温 : 17.9℃ (松崎町アメダスによる最高気温)
■ 水温 : 16~16.5℃
■ 透明度 : 8~10m
■ 透視度 : 7~8m
(写真はクリックすると拡大します。)

1本目 大牛の洞窟 ⇒ -16mのアーチ ⇒ 大牛湾内

2本目 島裏 ⇒ Hの穴 ⇒ 水路下の洞窟 ⇒ 島前 ⇒ 小牛湾内 

今日も雲見で潜ってきました。

今日潜った目的はワールドダイブさんから新しいシェルドライスーツをお借りしたので、その試着のため。

来ているところの写真は撮り忘れましたが、こんなドライスーツ。

格好いいですよね。
シェルドライ

詳しい着心地はここに書くと長くなりますので控えますが、想像していたよりも快適でした。

詳しく聞きたい方は個別に連絡をください。

さて、今日はひたすらマクロ三昧で潜ってきました。

そんな中、雲見で見慣れない魚がいたんですよ。
ベニハゼ属の1種

ベニハゼの仲間だと思うのですけど、尻尾の付け根に紫色の斑点があるのはボホールでよく見かけていました。

それはレッドヘッドドワーフゴビーというんですけど、それには体側に青いラインはないんです。

「日本のハゼ」という図鑑にも載っていないので今調べています。

神奈川県立生命の星・地球博物館の瀬能 宏先生に伺いましたら早速御返事をいただきました。

アオギハゼだそうです。

八丈島からの撮影記録は登録されていましたが、伊豆半島沿岸では初めてだそうで、しかも今の時期に撮影されるとは越冬の証拠となるたいへん貴重な情報となるそうです。

大発見なら嬉しいなぁ(笑)

今日はウミウシをちょっと探してみました。

最近は浅場でミノウミウシの仲間をよく見かけるのですけど、今日は波があって浅場は揺れたのが残念。

でもホシアカリミノウミウシとか
ホシアカリミノウミウシ

アカオビミノウミウシとかがいましたよ。
アカオビミノウミウシ

他にもマツカサウミウシや
マツカサウミウシ

スイートジェリーミドリガイといった時々見かけるウミウシに加え
スイートジェリーミドリガイ

昨日見つけたシロタエイロウミウシや
シロタエイロウミウシ

昨日からよく見かけるミツイラメリウミウシは交接中。
ミツイラメリウミウシ

最近の常連のサガミリュウグウウミウシなどもいましたよ。
サガミリュウグウウミウシ

それから最近見かけなくなっていたウデフリツノザヤウミウシが再登場!

小さめの子で可愛らしかったです。

教えてくれたのはササメちゃん。ありがとう!
ウデフリツノザヤウミウシ

それから珍しいところではトウヨウキセワタもいました。

過去のログを見ても雲見で過去1回しか見ていないレア物です。
トウヨウキセワタ

ゴロタの石をひっくり返したらムカデメリベと
ムカデメリベ

カメノコフシエラガイがいました。
カメノコフシエラガイ

探せばいっぱいますよね。

カエルアンコウの仲間は昨日と変わらず。

色変わりしたイロカエルアンコウに
イロカエルアンコウ-1

見づらい場所にいるベニカエルアンコウ。
ベニカエルアンコウ

黒のオオモンカエルアンコウ(イロカエルアンコウ?)はちょっと場所を変えていました。
イロカエルアンコウ-2

そして小牛の横にもクマドリカエルアンコウがいます。

グンカンの側の子よりも一回り小さい子ですよ。
クマドリカエルアンコウ

サンゴの奥に隠れているカスリフサカサゴは顔だけしか見えません。
カスリフサカサゴ

皮弁が長くてふさふさしているアライソコケギンポや
アライソコケギンポ

スケスケボディのサクラテンジクダイや
サクラテンジクダイ

ガラスハゼなど色々な生き物に出会うことができました。
ガラフハゼ

いつもの通り、楽しい雲見でした!!

 


《お知らせ》

◆ 今年も海底清掃を行います(5月23日)
今年の雲見の海底清掃の日程が5月23日(土)に決まりました。
いつもお世話になっている雲見の海に感謝の意を込めて綺麗にしたあとは美味しいBBQを食べて盛り上がっちゃいましょう。
詳細は追ってお知らせします。

◆ LINEの公式アカウントができました。
アクアティークのLINEの公式アカウントを友達に追加してください。
ダイビングをすることにスタンプが貯まるポイントカードがもらえたり、おトクなクーポンが当たったりしますよ。
・ スマートフォンでご覧の方は下記のボタンを押してください。
友だち追加

・ PCでご覧の方はスマートフォンのLINEアプリのQRコードリーダーで下記のQRコードを読み込んでください。

◆ 宿に22時以降チェックインご希望のかたに朗報です。
夜遅いご到着でも受け入れていただける宿泊先と提携できました。
もちろん電車の到着でもOK。駅までお迎えに行きます。
ご利用をご希望の方は予約時にお申し付けください。

▲アクアティークのfacebook pageです。よかったら「いいね」をクリックしてください。

2020/04/04

春濁りが始まったのかな?|雲見

雲ひとつない青空が広がった一日でした。

風もなくて海は穏やか。

富士山も薄っすらと姿を見せていました。

雲見 牛着岩

■ 天気 : 晴れ
■ 気温 : 19.4℃ (松崎町アメダスによる最高気温)
■ 水温 : 16.5~17℃
■ 透明度 : 10~12m
■ 透視度 : 8~10m
(写真はクリックすると拡大します。)

1本目 グンカン ⇒ 大牛の洞窟

2本目 ブイ ⇒ 水路下の洞窟 ⇒ Hの穴 ⇒ -24mのアーチ ⇒ たて穴 ⇒ ブルーコーナー

久しぶりのダイビングになってしまいました。

この間に春濁りが始まったのか水中は浮遊物が多くて少し緑色になっていました。

海の中も着実に季節が進んでいます。

久しぶりでも雲見の海の楽しさは相変わらず♪

越冬したクマドリカエルアンコウを始めカエルアンコウの仲間は勢揃いです。
クマドリカエルアンコウ

ベニカエルアンコウは不安定な枝の上から壁に移動。
ベニカエルアンコウ

真っ黒なオオモンカエルアンコウと言っていたものはもしかしたらイロカエルアンコウという噂も!
オオモンカエルアンコウ

一番ビックリなのは色が白かった水玉模様のイロカエルアンコウのおチビちゃんの色がオレンジ色に変わっていたこと!

このあとも変わっていくのかな?
イロカエルアンコウ

甲殻類も各種揃っていますよ。

アカホシカクレエビや
アカホシカクレエビ

クリアクリーナーシュリンプなどのスケスケ系のエビや
クリアクリーナーシュリンプ

南方系のアカシマシラヒゲエビもいます。

この間シングルになったと思っていたものはまたペアに。
アカシマシラヒゲエビ

先日見つけた子もペアでした。
アカシマシラヒゲエビ-2

この他今日もう1ヶ所確認されましたので計4ヶ所にいるってどうなっているんでしょうね?

それからでっかいゾウリエビもいましたよ。
ゾウリエビ

西洋の兜みたいな形のカイメンをかぶったカイカムリに
カイカムリ

額角が異様に長いオスのイボイソバナガニや
イボイソバナガニ

アナモリチュウコシオリエビなどいっぱいいましたよ。
アナモリチュウコシオリエビ

ウミウシは多くは探していませんが壁を見ながらでも、ミツイラメリウミウシとか
ミツイラメリウミウシ

シロタエイロウミウシや
シロタエイロウミウシ

ルージュミノウミウシ、
ルージュミノウミウシ

フジエラミノウミウシなどみつかりました。
フジエラミノウイウシ

探さなくても目に入ってくるサガミリュウグウウミウシみたいなサイズのものが多かったらいいんですけどね(笑)
サガミリュウグウウミウシ

もちろん地形や群れも楽しんできましたよ。

大好きな三角穴下に癒やされて
三角穴下

キンメモドキの群れとしばらく遊んできました。
キンメモドキ

しばらくは潜る頻度が減ってログを上げることがすくなるかもしれませんが、少しでも雲見の海の様子をお伝えできればいいなぁって思っています。



《お知らせ》

◆ 今年も海底清掃を行います(5月23日)
今年の雲見の海底清掃の日程が5月23日(土)に決まりました。
いつもお世話になっている雲見の海に感謝の意を込めて綺麗にしたあとは美味しいBBQを食べて盛り上がっちゃいましょう。
詳細は追ってお知らせします。

◆ LINEの公式アカウントができました。
アクアティークのLINEの公式アカウントを友達に追加してください。
ダイビングをすることにスタンプが貯まるポイントカードがもらえたり、おトクなクーポンが当たったりしますよ。
・ スマートフォンでご覧の方は下記のボタンを押してください。
友だち追加

・ PCでご覧の方はスマートフォンのLINEアプリのQRコードリーダーで下記のQRコードを読み込んでください。

◆ 宿に22時以降チェックインご希望のかたに朗報です。
夜遅いご到着でも受け入れていただける宿泊先と提携できました。
もちろん電車の到着でもOK。駅までお迎えに行きます。
ご利用をご希望の方は予約時にお申し付けください。

▲アクアティークのfacebook pageです。よかったら「いいね」をクリックしてください。

ご予約

WEBで予約する
予約フォームへ
電話で予約する
TEL : 0558-43-0690

お問い合わせ

予約状況やご質問等はこちらからお問い合わせください。


カテゴリー

アーカイブ

サイト内検索

静岡県ダイバーズ協議会

静岡県ダイバーズ協議会

だいぶぷらす

だいぶぷらす

ocean+α(オーシャナ)

スキューバダイビングと海の総合サイト ocean+α(オーシャナ)

ログイン

http://kumomi.jp/?feed=rss2